大森隆志がカヅサ

静岡県の車査定情報
少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療の仕事を行う人々というのはますます必要とされる可能性があります。ですから、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一つの理由といえるでしょう。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ちどこでもよく通用します。このエッセンという言葉自体には、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな時代の名残ですが、とにかくよく使われ、親しまれている用語です。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも当たり前のように期待されます。看護師の存在は法律上、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。そうはいっても、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、看護師の経験や知識にもよりますが、それなりの医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字だと、この二つになります。過去には男性のことを表すのは看護士、看護婦は女性と明確に分けられていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、そう難度の高いものではないということです。そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、時間が経つのを忘れてしまうほど立ち働くことになります。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、近年においては一段と病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。ですから当然、医療機関で働く看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、看護師にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、強いストレスを感じることはよくあります。そういう看護師の仕事を続けていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても状態を自覚したりできるようになります。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当をきっちりもらえるから、ということです。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や急な残業を断らず行なうというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。そこそこ昔のことではあるものの、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。看護師の手にする給料というのは、家の屋台骨として充分に、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。病院に初めて看護師が就職を果たした時、気になるのはその配属先ですが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、人材を管理する人の胸三寸で決められてしまうこともあるでしょう。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、検討された結果であることがほとんどでしょう。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職する時に出る手当である、退職金については、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。他方で個人病院の状況を見てみますと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、結局は院長先生の考え次第となるようです。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。看護師の仕事をしていく中でやはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 仕事自体で間違ってしまうことや時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。ですが、それだけではなく、やりがいがあると感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。はっきりした違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。他方、看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤勤務に従事することになるはずです。日勤と違って夜勤は職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は大体いつも、日勤より多くなるようです。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、残業したことによって支払われるべき給金が出ないという職場があるといいます。残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なくはっきりと労基法に違反しているのです。残業も完全に仕事のうちですから、働いたらその分はちゃんと、報酬を得なくてはなりません。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、一にも経験、二にも経験となります。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で腕を磨きたいという気持ちからくる、意義のある職場変更と言えるでしょう。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかは辞めた状況により変わってきます。結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで復職を果たす、という人も増えてきています。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。近頃ではインターネット上に転職や求人を看護師に特化したサイトが思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使って最適の仕事先を見つけてください。働く時間を、自分である程度調整でき、興味があってしてみたい、という仕事を選べたりもする、等々が派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、実行している病院がほとんどのようです。病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを評価することを可能にするため、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、高いモチベーションを保てます。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。もちろん、その他のところでも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。看護師はこんな風にやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。しかしながら、医療機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが毎日お忙しそうにしていますね。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。でも、私が思ったよりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での看護師さんの参加が結構たくさんいたんですよ。先生方も歓迎ムードで、アットホームな雰囲気でした。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、職場においての有用性、必要性は高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、上手に生活のメリハリをつけないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより多くの看護師はストレスに悩まされます。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です